小さな家の大きな志(ココロ)

dinkyhouse.exblog.jp
ブログトップ

タグ:住宅建築 ( 7 ) タグの人気記事


2008年 06月 01日

久々に・・・

a0096279_7492848.jpg

スローハンドさんにお邪魔しました。

住宅建築のお話・・・では無く別件で・・・




しかしついつい住宅のお話に・・・相変わらずスゴイ!


しかも、なんだかすごいことになってるじゃん!


お話の続きはまたの機会に・・・
[PR]

by dinkyhouse | 2008-06-01 07:49 | 最強ビルダー
2007年 05月 17日

ウッドデッキ

a0096279_6305833.jpg

先日の日曜日に我が家を見学に訪れた方がウッドデッキに興味をもってくれた。

あんまり期待させてもと思い実情をお伝えした。

「我が家の場合このデッキで涼んだり、そこで何かを食べたりってことは先ずありません。」

「小さな家を大きく見せる仕掛けみたいなものですよ。」



実際有効活用されてるお宅もあるとは思いますし、せっっかくなんでそうありたいものですが・・・

我が家ではたまに子供がここで遊ぶ程度。

でも、暮らしの中では効果のアイテムなのです。




雨の日のデッキもまたいいですなぁ・・・




つづいてガレージ
a0096279_6305860.jpg

ガレージというにはおこがましいかな?
カーポートとの中間ぐらいのオープンなガレージです。

雨の日は大活躍です。

さびに弱い私の愛車を雨から守ってくれます。



設計のポイントとしては、家がメインって事と家との一体感


外観写真はまた後日紹介します。
[PR]

by dinkyhouse | 2007-05-17 07:30 | オープンハウス
2007年 04月 28日

床の凹み

近所(友人)の奥さんにブログ見てますって言われました。

最近サボりがちなのですが・・・



【そのときの会話から】

奥さん:「鈴木さんちの床って傷つきません?」

鈴木:「かなり付きますよ!子供が駒とかまわしてるし・・・」

奥さん:「うちも!どうしてます?」

鈴木:「うちは杉ですからねぇ。まぁあんまり気にしないほうが・・・とかっていいながら気にしてるんですよね。お施主さんには「それがまたいいんですよ!」とかなんとかいってますが・・・」

奥さん:「うちはパインなんです。」

鈴木:「じゃあ柔らかいね・・・あっ!この前床の凹み直してみたんで、ブログにアップしときますわ!」

的な会話をしました。



お約束どおりアップしますね。

a0096279_003052.jpg


凹みわかります?






a0096279_005590.jpg

「大工さんが水で膨らます」とか「スチームがイイ」とか言ってるのを聞いたことがあったので霧吹きと、タオル、スチームアイロンを用意して凹みの上をタオルを当ててアイロンがけしてみますと・・・

a0096279_01420.jpg



こんな感じで凹みが膨らんであら不思議!


スチームが弱いかなって思ったら凹みに霧吹きで直に水分をあたえてアイロンをあててみましょう。




コレはじめるとハマリますよ!「凹みはないか?凹みは何処?・・・」ってな感じで



ただし、凹み以外のキズ(エグレ等)は直りませんからね

アイロンがけした所はツルツルになって滑りやすくなる恐れがあります。ご注意を!




【自分の家でまず実践!】

に関して言えばワックスも「お施主さんに自分でやったら?」「自分でやると結構大変だよ!」っていえるようにスローハンド杉本氏に「大変だぞ~」といわれましたが、自ら一人でやりましたよ。

ちなみにスローハンド杉本氏も自宅の床は自ら行ったとの事。大変さを知っているからこその一言でした。


きっと大変だったでしょうね・・・コチラの方も
完成見学会ありがとうございました。


当然やり終えた後の心地よさはおつりが来ますよ!





ずれにしてもおおらかな気持ちで住まいを楽しみましょうよ!

「家を持つということはそういう事」なのですから。
[PR]

by dinkyhouse | 2007-04-28 00:30 | 住人のひとり言
2007年 04月 22日

いまだ未完成?

日は最強ビルダーことスローハンド杉本氏がお客様と我が家へ

町内ということもあり、時々我が家はモデルハウスと化します。

今回特に確認したかったのは天井の高さとの事。

お役に立てたでしょうか?

一般の住宅に比べ高さだけでとらえてしまうと「低い」はずです。が、実際に暮らしてみるとその空間はとっても心地よいですよ!ぜひ窓の高さにそろえて天井を張ってみてください。




余談ですが・・・

a0096279_872635.jpg



杉本氏:「このインターホン、玄関扉の横にあったほうがよかったのでは?」

確かに・・・

防犯上・・・予算的に・・・いや、結局考えすぎですな・・・


住んでしまうとあまり気にならない(住んでる人より他人が使うため)が、さすが物事をシンプルに考える杉本氏。厳しいツッコミ!有難うございます。

設計って難しいものですね。


ちなみに表札が取れてしまい、私同様いまだ未完成であります。
[PR]

by dinkyhouse | 2007-04-22 08:07 | 最強ビルダー
2007年 03月 31日

DINKYHOUSE(ディンキーハウス)

半田山の家にDINKYHOUSEと名付けました。

車好き(特にMINIフリーク)の方はお気づきかと思いますが・・・

私の愛車でもあるMINIの愛称「DINKY:〔英話〕ちっちゃい。こざっぱりとした」と「HOUSE」から名付けた造語です。

自分で言うのもなんですが、MINI同様小さくて可愛い家です(照)。

今どきエアコンが付いてないところまでソックリ!(笑)

当初は、これ自体を事務所名にしようとしてたんです。
DINKY HOUSE ATELIERとか・・・

MINIのショップでお世話になっている「DINKY CLASSIC Spare’s」のマスターにも相談して了承も得ていたんですよ。

ちなみにDINKY CLASSIC Spare’sのサイトはコチラ

a0096279_1782970.gif


a0096279_1754847.jpgがしかし、「MOON」にも私自身ただならぬ愛着があり事務所登録及び事業所登録は「MOON設計室」としました。


実はこの家、当初より「モデルハウス」代わりに利用する目的で建てています。最近ではオープンハウスとでも言うんでしょうか?

今までも多くの方にお越しいただいています。

今後、見学していただける機会を企画していきますので、コチラもお楽しみに!

やっぱり実物を観て触れて感じていただくのが一番!ですから。
[PR]

by dinkyhouse | 2007-03-31 11:10 | オープンハウス
2007年 03月 29日

事務所名の由来と想い(第1章)

こんにちは!

MOON設計室の鈴木政利です。

今回は、名刺を渡したときに必ず聞かれる質問、『何で「MOON設計室」なの?』ってことをお伝えします。

もう、お気づきの方もいらっしゃるとは思いますが・・・

プロフィールをご覧になった方はピン!と来ているかもしれませんね。

そう!出身地が「月(つき)」なんです。

「え・・・・!なによゐことうわさのアイドルみたいなこと言ってんの?」って?

実際にあるんですよ。浜松駅から車で約一時間北に走らせると、天竜川のほとりに小さな山里が・・・

証拠写真はコチラ・・・






a0096279_035881.jpg



という事で、特に深い理由があったわけではありません。

とにかく、「月」に関係するネーミングにしたかったんです。

そこで、「月」の由来についても調べてみました。

が・・・

今日はこの辺にしときます。由来を含めて、その想いについては次回お伝えします。








「目覚ましテレビ」と「トリビアの泉」でも取り上げられてました。
「へー・・・・・・・・・・・!」
[PR]

by dinkyhouse | 2007-03-29 23:52 | ネーミング
2007年 03月 28日

自己紹介

自己紹介が遅れまして、失礼いたしました。

はじめまして。MOON設計室の鈴木政利です。


浜松市で一級建築士事務所を営んでいます。

得意な分野は木造住宅。「心地のよい」空間ずくりをテーマにしています。


1970年静岡県浜松市月(旧天竜市月)の大工の家に生まれました。

現在37歳。女房が1人、子供が2人の4人家族。

自宅に隣接するガレージ一角に仕事場を設け日々奮闘しています。



開業までの経歴は・・・

静岡県立浜松工業高校建築科卒業後、地元設計事務所にて設計・監理の基礎を学ぶ。

高校時代にも木造住宅以外はあまり興味が無く、ホームルーム中に「地元天竜の山の木で家をつくりたい」と夢を描いていたことを思い出します。

事務所在職中に一級建築士取得。

1998年春、設計事務所休業により解雇。

名古屋のベンチャー企業に就職。「セールスエンジニア」として営業の重要性を認識させられました。

翌年、地元工務店に転職。OMソーラー・パッシブデザイン・システム住宅・近くの山の木でつくる家など、多くのことを学びました。

残念なことに、この会社は自己破産。解雇。

その後地元ゼネコンを経て、プレカット会社に就職。

住宅ローンを組んで自宅を新築中にプレカット会社をリストラされる(笑)。

2005年春にムーン設計室一級建築士事務所として事務所登録。

起業して2年が経ちます。

最初にお世話になった設計事務所の所長からは「3年から5年は辛抱!」の言葉通り、厳しくも楽しい日々を送っています。

私の今現在持つ建築士としてのスキル、ノウハウ及び、住まい手としての暮らしのノウハウがあなたにとってオンリーワンの家づくりに「お役に立てたら!」と、このブログをスタートします。

まだまだ経験も知識も少ない私ですがこの想いが今の私の原動力となっています。

よろしくお願いいたします!そして感謝します!
[PR]

by dinkyhouse | 2007-03-28 00:56 | プロフィール