小さな家の大きな志(ココロ)

dinkyhouse.exblog.jp
ブログトップ

タグ:メール ( 1 ) タグの人気記事


2007年 04月 04日

名前の由来と想い(第2章)

『 月 』

 JR浜松駅から国道152号線を車で一時間ほど北上、天竜川沿い。
30年ほど前に船明(ふなぎら)ダムができるまでは国道側より渡船(とせん)を利用していたこの場所も手前に橋ができ、現在ではダム湖水面を学生のボート競技会場として活用。
シーズンには多くの競技学生や応援の父兄が全国から集まり賑わう小さな村。


 村入口付近の看板にこう記されている。


『 月の由来 』
 南北朝時代に楠木正成に仕えた源氏の一族鈴木左京之進が家子郎党を連れ落ちのび、左京之進は楠木正成公の心の清らかさこそ中空にかかる「月」のようである。吾等の心の存何を地名に残そうと村の名を「月」とつけたという。
 また、一説には古詩に因み、今はわずか12人の半鈞(はんげん)であるが、やがて満月のように発展することを願って「月」とつけたとも言われている。


『清らかさ』と『発展』を願い

 私はこの地名が恥ずかしく「何処に住んでるの?」と聞かれても答えたくなくて、近くの町の名前やあいまいに答えたりしている時期がありましたが、歳を重ね、地名の持つ由来やその意味。先祖の方たちの思いがわかり始めたころから、自分で仕事をするなら「月」の地名が持つ想い「清らかさ」と「発展」を屋号に託したいと考えました。

そこで、建築工房月やアトリエムーン・・・といろいろと私自身の中では候補がありましたが、ある建築家への憧れから「MOON設計室」になったんですねー。


その建築家とは・・・










次回お伝えします。(このネタで引っ張るなー)



 このブログをはじめてから一週間以上たちました。三日坊主が良くぞココまで!
いまだ試行錯誤を続けて多くの方のブログを参考にさせていただいたます。感謝します。
今回の投稿前に気になるネタが目にとまりドキッとさせられました。
そのブログがコチラ↓

気付かずに失敗してる!? ビジネスメール術

参考にさせていただきました。
私の場合、まずは文章を書くことを習慣にすることから始めてますので、ご容赦ください。
[PR]

by dinkyhouse | 2007-04-04 05:25 | ネーミング